当日

ついに予定していた引越当日がやってきました!
引越業者の作業員が指定した時刻に、やってきます。

 

部屋の中はテキパキと荷物を運び出し、だんだん空っぽになっていきます。どんどんと今まで生活していた空間のモノが運び出されていく様子を見ているととても淋しいものです。
センチメンタルな気分に浸る気持ちもよくわかります。
でも作業員が部屋の壁などを傷つけないかもきちんと目を光らせておきましょう。修繕費をあとで請求されるのは、あなたなのですから!!!

 

「自分も手伝おう!」と目の前で引越作業が行われていると、名乗りでてくる人もいます。小さな荷物であれば問題ないですが、大きな荷物は引越のプロに任せちゃいましょう。
ありがた迷惑の可能性もあなたがよかれと思ってやっていても、あるのです。大船にのった気持ちで相手はプロなのですから、ゆだねることも必要です◎

 

あなたがやるべきことは、最後の掃除です。
拭き掃除が家具が置いてあってできなかった場所などを重点的に綺麗にします。
修繕費のチェックがモノがなくなって明け渡しをする際に、入ります。あなたが使用している際につけた汚れや傷については修繕費を払う義務がありますが、それ以外の修繕費は払う必要がありません。
遠慮せずにもし納得できない理由で請求してきたら、拒否して結構◎断る勇気をもちましょう。

 

実際のところ、引越し業者見積もりの会sanctuaryをして「こんなハズじゃなかった」と後悔をしている方は大勢います。
だからこそ大切なのは引越しに関する情報をしっかりと集めるということなのです。


このページの先頭へ戻る